HOME / ホホバオイル特徴と原料

ホホバオイル特徴と原料

ホホバオイルは、美容オイルとも言われているのですがどのような肌質の方にも適するという特徴を持っており、美容液や保湿液として利用されています。
オイルは、一度購入するとなかなか減らず使い切ることができないという方も多いようなのですがホホバオイルは腐りにくく半永久的に保存して使うことが可能なオイルだとされています。
高温で熱し続けても品質に変化がないほど安定性に優れているのだそうです。

ホホバオイルの持つ優れた美容効果は、日本でも認められているのですがまだ、ホホバオイルを利用している日本人はとても少ないようです。
ホホバオイルは、日本では高級品として扱われており化粧品やエステサロンなどでも使用されているのですが、とても高価なものなのです。

ですから、一般的に知られる機会があまりないようです。
「高価である」という理由からなかなか普及しないのではないかと思うのです。

ホホバオイルは安定性に優れ、腐敗しにくいオイルなんです!

ホホバオイルが半永久的に使用することができ、腐敗しない理由はとても高い

「抗酸化作用」にあります。
抗酸化作用は、肌の保湿力を高めたり、肌の老化を防ぐことのできるアンチエイジング効果を期待することができます。
ホホバオイルを肌のスキンケア美容液として使用することで肌の保湿力を高めるだけではなく、アンチエイジング効果も得られることで若々しく、瑞々しい肌を保つことが期待できますし、どのような肌質の方でも使用できるという点もとても魅力的です。

高価なオイルではありますが、その効果はしっかりと実感でき満足のできるものですし人工心臓の潤滑油としても使用されているほど安全性の高いオイルです。

ホホバオイルの原料

ホホバオイルは、「ホホバ」という植物から抽出されるオイルです。ホホバは、多年生の植物で乾燥地帯に生息しており、樹齢200年にも達するとても珍しい植物です。
ホホバ成長がとても遅く、実が実るまでには10年もの月日が必要でオイルとなる実を収穫できるまでには最低でも10年は時間が必要なためとても貴重だと言えます。
日本で高価なものとして扱われている理由でもあるのではないでしょうか。

メキシコやアメリカ南西部の先住民の間では強い日差しや紫外線から肌を守るために使用されたり髪の毛のケアアイテムとしてもホホバオイルが使用されていたそうです。

page top