HOME / ホホバオイルで妊娠線対策

ホホバオイルで妊娠線対策

妊娠線は、真皮や皮下組織の一部に出来る赤っぽい線状斑です。妊娠線が出来た場合、痕が残りやすいと言われているため、妊娠線を作らないための丁寧なケアが大切です。
妊娠線のケアには、自然由来の成分から作られたものが身体にも優しく、安心して使用することが出来ます。中でも、ホホバオイルは、お肌の保湿だけではなくお肌の殺菌作用もあるのでおすすめです。

ホホバオイルで妊娠線対策

妊娠中は、口にするものが赤ちゃんの成長を左右するため、多くの方が安全なものを身体に取り入れようと気を配られています。
デリケートな時期であるため、使用する化粧品なども出来れば、自然由来の原料で作られたものにしておくと安心です。妊娠線のケアにも、出来るだけ自然由来の成分からなるものであると、毎日の中で安心して使用することが出来ます。

妊娠線は、皮下組織に出来る場合があるため、使用するものが皮下組織まで届く性質を持っていると、ケア効果も高まります。
ホホバオイルは、人間の皮脂に含まれている成分と似た成分であるため、皮膚によく浸透するという特徴を持っています。
ホホバオイルに含まれているワックスエステルは、肌が分泌する皮脂のバリア機能に似た働きを持っているため、皮膚を様々な刺激から保護します。ホホバオイルに含まれているワックスエステルの働きは、妊娠線に優しく働きかけて、お肌を柔らかくします。

ホホバオイルで妊娠線のケアをする方法

妊娠線は、お腹だけに限らず、お尻太ももにも出来ます。
皮膚のケアで大切なことは、必要な成分を皮膚に良く浸透させることと、皮膚の血行を促すことです。妊娠線のケアにホホバオイルを使用する場合、ホホバオイルをマッサージするように塗ると、良く浸透するだけではなく、皮膚の血行を促すことが出来ます。
お腹に塗る時、まず時計周りに円を描くように、ホホバオイルをのばします。次に、お腹の下から上に優しく撫でるようにマッサージします。お尻や太ももにホホバオイルを塗る時には、膝の位置から、下から上へ血行を促すように優しくマッサージします。
あくまでも力を入れずに行うことが大切です。

ホホバオイルでマッサージをする時は、リラックスしながらお肌のケアをする時間として過ごすと良いかもしれませんね。

page top