HOME / ホホバオイルでニキビ対策

ホホバオイルでニキビ対策

ニキビケアで大切なことは、お肌の皮脂と水分のバランスを整えることです。
ニキビケアというと、つい洗顔などで皮脂を落とすことに意識を向けてしまいがちになりますが。過剰な皮脂の分泌を抑えるためにも、洗顔後にしっかりとお肌を保湿することが大切です。
お肌から適度に分泌される皮脂が、お肌の水分を保持する役割を果たしていますが。ホホバオイルは、お肌の皮脂に近い成分だということをご存知ですか?

ホホバオイルでニキビ対策

ニキビは、お肌が過剰な皮脂を分泌することで出来ます。思春期のニキビは成長ホルモンが皮脂の過剰分泌の原因となっていますが。実は、過剰な皮脂の分泌の原因はそれだけではなく、ニキビは、お肌の乾燥が原因となって出来る場合もあるのです。
お肌が健康な状態である場合、肌のバリア機能といって、皮膚が適度な皮脂を分泌することによって、外の刺激から肌を守っています。

お肌が乾燥すると、肌はお肌を守ろうとして、不足している水分を補うかのように、過剰に皮脂を分泌してしまいます。
この皮脂の過剰分泌がニキビの原因となってしまうのです。乾燥が原因となっているニキビは、まず、お肌に十分な水分を与えた後、水分を保持するために、適度な油分をお肌に与えることが必要です。

ホホバオイルは、お肌のバリア機能である、人間の皮脂に非常に近い成分であるため、水分を補給した後のお肌に使用するのに最適です。

ホホバオイルでニキビをケアする方法

肌のバリア機能が正常に働いている場合、お肌に与えた水分は一定の状態で保たれるため、お肌が乾燥しにくくなります。
しかし、乾燥が原因となってニキビが出来やすくなっている時は、このお肌のバリア機能が低下していると考えられるため、お肌に水分を与えた後は、油分などでお肌に水分を閉じ込める必要があります。
ニキビに油分を使用することに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが。ホホバオイルは、数多くの種類がある油分の中でも、人の肌の皮脂に近い成分であるため、より自然にお肌の水分をキープすることが出来ます。

まずは、洗顔などで毛穴に詰まった汚れを丁寧に落とした後、お肌にたっぷりと水分を与えます。水分を与えるほど、皮脂の過剰分泌を抑えることが出来ます。
その後で、やや少なめのホホバオイルをお肌にのばして、お肌から水分が蒸発するのを防ぎましょう。

ホホバオイルは、お肌の皮脂に近い働きで、お肌の水分をキープします。

page top