HOME / ホホバオイルで乾燥肌対策

ホホバオイルで乾燥肌対策

乾燥肌は、お肌が乾燥することによって、お肌のバリア機能が低下し、お肌が外の刺激に対して敏感になっている状態です。
お肌が乾燥すると、これまでは何の問題もなく使用することの出来た化粧水などが、突然しみるようになったり。肌荒れしやすくなったりと、様々な肌トラブルを誘発しやすくなります。
ホホバオイルには、豊かな保湿効果が備わっていますが、乾燥肌にはどのように働きかけるのでしょうか。

ホホバオイルで乾燥肌対策

肌質には、大きく分けて4種類あります。
脂生肌・普通肌・乾燥肌・混合肌です。このように、いくつかの肌質がありますが、お肌のケアにおいて、共通して大切なことは保湿です。
お肌は、皮脂と水分のバランスによって、健やかな状態を保っています。このどちらが欠けても肌トラブルを誘発しやすくなってしまうため。たとえ脂生肌であったとしても、お肌に十分な水分が必要なのです。

特に、乾燥肌は、4種類の肌質の中でも、最も水分を必要としている肌質であり、意識的にお肌に水分を与えることが必要です。
洗顔後に水分のみを与えて、その後、何もしない場合。水分が蒸発しやすいため、長時間、お肌の潤いをキープすることが出来ません。
ホホバオイルは、水分を与えた後のお肌に使用することによって、お肌に水分を閉じ込めて水分の蒸発を防ぎます。

ホホバオイルで乾燥肌をケアする方法

ホホバオイルは、お肌のバリア機能を役割を果たしている、皮脂の成分に似ていることで知られています。
皮脂のバリア機能は、お肌を外の刺激から守るほか、肌の再生プロセスを保護するため、健やかなお肌をキープするために、なくてはならないものです。
乾燥肌は、皮脂のバリア機能が低下しているため、肌の再生がうまくいかず、角質層が剥がれやすくなったり、シワの原因になる場合もあります。肌の潤いを保つには、水分を与えるだけではなく、水分をお肌に留めて、お肌の水分量を一定に保つことが必要です。

乾燥肌が気になる場合、温度の高いお湯で洗顔をすることは控えましょう。
人肌くらいの温度で洗顔をして、お肌が柔らかくなったところで、十分な水分を与えます。その後、ホホバオイルをやや多めにお肌に塗った後、手の平でお肌をゆっくりと押さえるようにします。
すると、ホホバオイルがお肌によく馴染みます。

乾燥肌は、お肌のバリア機能が低下している状態です。
ホホバオイルのバリア機能で乾燥肌をサポートすることが出来ます。

page top