HOME / ホホバオイルで保湿対策

ホホバオイルで保湿対策

健やかな肌を保つためには、お肌を清潔に保つのはもちろんのこと、洗顔後の十分な保湿が必要です。保湿は、お肌に必要な潤いを与えた後、水分をお肌に閉じ込めることが必要です。
せっかく、お肌に水分を与えたとしても、その水分がお肌に留まらなければ、お肌はすぐに乾燥をしてしまいます。
そんな時、ホホバオイルが効果的に保湿をサポートしてくれます。

ホホバオイルの保湿効果

ホホバオイルとは、ホホバという木の実から抽出されたオイルのことです。ホホバオイルは、人の肌に含まれている成分のひとつであるワックスエステルという成分を含んでいます。
ワックスエステルの最大の特徴は、強力なバリア機能で、水分をしっかりと閉じ込める機能を持っているところです。
洗顔後に化粧水などで保湿をするのは、お肌に水分を与えることによって、お肌のバリア機能を正常に保つためです。

さらに、保湿効果の高い成分などを併せて使用することによって、お肌の水分量を保持して、外の刺激を受けても、トラブルに発展しにくい、強い肌をキープすることが出来ます。
ホホバオイルを使用すると、お肌に与えた水分をしっかりとお肌に閉じ込めて、保湿効果を持続させることが出来ます。

ホホバオイルで保湿効果を高める方法

ホホバオイルで保湿効果を期待する場合、使い方を工夫することによって、より保湿力を高めることが出来ます。
まず、洗顔によってお肌を清潔にした後、化粧水や保湿成分配合の美容液などをたっぷりと使用して、お肌に潤いを与えます。
その直後に、ホホバオイルを適量に使用して、お肌に水分を閉じ込めるようにすると、お肌の潤いが持続します。

使用するホホバオイル分量は、お肌の乾燥の状態によって調節すると良いでしょう。

お肌の油分が気になる時には、ほんの数滴で大丈夫です。最も大切なことは、保湿をした直後に、ホホバオイルを使用することです。
これは、保湿の後、時間をあけてしまうと、お肌に与えた水分が蒸発してしまうからです。お肌に補給した水分を逃さず、しっかりと閉じ込めるようにするためにも、保湿の直後に、ホホバオイルを使用するようにしましょう。

ホホバオイルは、油分なので、先に水分を与えてから、その後に使用すると効果的です。

page top