HOME / ホホバオイルでアトピー対策

ホホバオイルでアトピー対策

アトピーは、特定のものを抗原として発症する、慢性的な皮膚の疾患のことを指します。
症状としては、皮膚が乾燥や湿疹などによって痒みを伴い、そういった症状が慢性的に現れます。
アトピーは、はっきりとした原因が解明されていないため、規則正しい生活や栄養のバランスが取れた食事を取ることが大切だと言われていますが。毎日のスキンケアに関しては、出来だけ刺激の少ない、自然由来の原料から作られたものを使用することが大切です。
ホホバオイルは、優れた働きを持っている、植物の実から抽出されたオイルです。

ホホバオイルでアトピー対策

ホホバオイルは、保湿効果のほかに、優れた殺菌効果があります。お肌を清潔に保つためには、毎日の洗顔や入浴は欠かせませんが、洗顔後のケアにホホバオイルを使用することで、皮膚に様々な細菌が繁殖するのを抑える働きを期待することが出来ます。
さらに、ホホバオイルに含まれている、ワックスエステル成分は、お肌に備わっている肌の防衛機能と似た働きをします。

肌がお肌を守るために分泌している皮脂の中に、ワックスエステルが含まれており。この成分のお陰で、外部の刺激から肌を守ることが出来るのです。
しかし、何らかの理由で、お肌の防衛機能がうまく働かない場合、お肌に様々なトラブルが生じるようになります。
ホホバオイルに含まれるワックスエステルは、お肌のバリア機能を高めるため、アトピーの方に最適なスキンケアのひとつとして知られています。

ホホバオイルでアトピーをケアする方法

お肌が十分な水分を保持していると、肌本来の機能が発揮されやすくなり、様々な肌トラブルを自然と回避するようになります。
肌が分泌する皮脂のバリア機能は、肌の水分を外に逃さないようにするためのものであるため。スキンケアは、出来るだけお肌に十分な水分を与えることが基本となります。
アトピーの方がホホバオイルを使用される場合、入浴後などに、肌全体に水分を与えます。

この時、お肌に合ったスキンケア用品を使用することが大切ですが。その後、身体に与えた水分をしっかりとお肌に閉じ込めて潤いを持続させるために、ホホバオイルを適量手に取り、身体に優しくのばします。

ホホバオイルは、高い保湿効果殺菌効果を備えているので、継続的に使用することで、お肌の乾燥を緩和する働きを期待することが出来ます。

肌の乾燥は、様々な肌トラブルを誘発します。
ホホバオイルは、お肌の様々な点をサポートする働きを持っています。

page top